上野の森美術館

アートスクール

アトリ絵ブログ

【講座の様子】はじめての水墨画(単発講座2020/9.5~6、浦上先生)

4月17日

昨年9月、浦上義昭先生による水墨画講座を開講いたしました。
その講座の様子をご紹介いたします。


浦上義昭先生作品

【浦上義昭先生プロフィール】
1950年 新潟県生まれ
現在: 日本美術院特待
2019年 日中交流水墨画展「中華人民共和国日本国大使館賞」受賞
2018年 春の院展(外務大臣賞、奨励賞受賞)紺綬褒章
他、国内外にて展覧会多数

浦上先生による水墨画講座はスクールでは初めての内容です。
満員の15名で二日間の講座がスタート。
まず水墨画の道具の説明から始まりました。
「墨を4段階の濃さに分け、梅皿などに予め作っておきます」



浦上義昭先生

先生が実際に描いた作品を模写することで、筆使いや墨の濃淡の感覚を身に着けていきます。

浦上先生制作の作品

生徒さんの制作風景です。


※4/23東京都に発出される緊急事態宣言をうけて、本講座は中止とさせていただきました。なお、同内容の講座を夏季特別講座、もしくは10月からの後期単発講座にて開催いたしますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。詳細は追ってHPにてお知らせいたします。

浦上先生の講座、次回は5月15~16日。
日本画の基礎講座です。
是非この機会にご受講ください。
2021年前期単発講座講座5月

④ 日本画の基礎(写生・和紙張り・地塗り・構図)★ 初めての方優先講座
日程:5月15日~16日
講師:浦上 義昭
抽選日:4月23日(金)
受講料 13,000円
「日本画が初めての方のために鉛筆・顔彩を用いた写生の使い方、パネルに和紙を張るコツ、水干絵具を用い地塗り、構図の考え方、バックを描く方法まで丁寧に指導します。」