上野の森美術館

アートスクール

《2018年友の会スケッチ講座》モロッコ。赤い街マラケシュ、青い街シャウエンを描く【参加者募集】

12月18日

現在、上野の森美術館友の会の方を対象に、海外スケッチ講座の参加者を募集しております。
ぜひご参加ください。

『モロッコ。赤い街マラケシュ、青い街シャウエンを描く』
2018年3月5日(月)〜14日(水)10日間
講 師:藤田邦統

来春3月にモロッコ王国のマラケシュと、シャウエンを描く海外スケッチ講座を行います。

マラケシュは、モロッコ第4の都市。マラケシュは城壁に囲まれた旧市街(メディナ)と、旧市街の西に広がる新市街に大きくわかれています。旧市街の建物はみな赤茶けており、街全体が赤く「赤い街」と呼ばれ、世界遺産に登録されています。ジャマル・フナ広場では、蛇使いや派手な衣装を着た水売りなど、大道芸人がいて、日が暮れていくにつれ活気に溢れていきます。

ジャマル・フナ広場

旧市街には、スークや宮殿など中世からの街並みが残されています。スークとは巨大なマーケットのことで、金物屋、衣類、雑貨等を扱う店が軒を連ね混然とした賑わいをみせています。お土産選びにも熱が入りそうです。
徒歩でこの旧市街に通えるホテルに宿泊しますので、自由行動の日には思い思いの場所でスケッチをします。

マラケシュ


マラケシュ

シャウエンはモロッコの北部、リフ山脈の山間にあり、旧市街は家の壁や道路、階段が青く塗られ、街全体がおとぎの国のようです。青く塗られる理由は、イスラム教の神聖な色、また、強い日射しを和らげるため、虫除けのためなどと言われています。

シャウエン


シャウエン

マラケシュの赤、シャウエンの青、といった赤青の対照的な街を訪れ、自由に散策しスケッチをします。
現地に慣れたJTBの添乗員1名、上野の森美術館職員1名、講師1名が同行いたしますので安心です。

旅の行程、詳細は以下になります。

旅行代金:480,000円(税込)
*空港税・燃油サーチャージ(目安27,400円:10/24現在)が別途必要となります。
*一人部屋をご希望の場合は、追加料金90,000円がかかります。
募集人員:20人(最少催行人員15名)
申込締め切り:2018年1月31日(水)

上野の森美術館友の会についてはこちら

<お申し込み、お問いあわせ>
参加希望の方は①お名前 ②フリガナ ③性別 ④ご住所 ⑤電話番号 ⑥FAX.番号(お持ちの方のみ)を明記のうえハガキかFAXでお申し込みください。追って旅行会社(JTB)から申し込み手続き書類が送られて参りますので、そちらをご確認の上、申し込み手続きを行ってください。
〒110-0007 台東区上野公園1-2
上野の森美術館「海外スケッチ講座 モロッコ」係
FAX.03-3836-0066 TEL.03-3833-4191 担当:吉沼

単発講座ピックアップ!〜初心者向けの講座を開催します〜

12月16日

単発講座ピックアップ!

来年1月31日(水)開催「色を使ってデッサン入門」についてご案内します。
こちらの講座は、色鉛筆の赤、青、黄色の3本だけで描く、絵画初心者にオススメの講座です。特に先生がオススメしている色鉛筆がサクラクラパスから出ている「クーピーペンシル」で、子供の頃にお絵かきで使っていたという方も多いかと思います。安価で1本から購入も可能なクーピーは、手軽に用意することができ、扱いも簡単であることが魅力です。

りんごを色鉛筆で描く授業風景

赤、青、黄色は「色の三原色」と言いまして、色の基本となります。これらを重ね塗りすることで色を混ぜ、3色以上の色を作り出します。例えば、赤色と黄色を混ぜると、橙色(オレンジ色)になります。
こういった色の混色を利用して、立体感を表現する練習です。
りんごと小物等を並べたものをモチーフとします。

赤+黄=橙


モチーフ例

今井陽子先生は、絵画初心者の方向けの授業を多く受け持ち、画材の特徴を生かした授業を行います。絵を描くことがはじめての方にも懇切丁寧に指導されます。

今井先生の授業風景「初歩の油絵」


今井先生の授業風景「アクリルガッシュ体験」

ぜひ、ご参加ください。

1月講座G 『色を使ってデッサン入門(リンゴ+α)』
2018年1月31日(水)10:30〜16:00
詳細、お申し込みはこちらから

《友の会スケッチ講座レポート》紅葉の風景を描く〜山形県・川西町に行ってきました。

12月15日

《友の会スケッチ講座レポート》
紅葉の風景を描く〜山形県・川西町に行ってきました。

随分間が空いてしまいましたが、2017年11月2日(木)〜4日(土)に行ってきました友の会スケッチ旅行についてご報告します。

場所は山形県、川西町へ。色づいた山々や田園風景を描くという目的で向かいました。

同行講師は出射 茂 先生。
初日、2日目は晴天で素晴らしい紅葉の風景を描くことができました。
3日目はあいにくの雨でしたが、施設の窓からスケッチを。

食事は地元の食材を使った料理に舌鼓。
とても充実したスケッチ講座でした。








また、以前ブログでもご紹介しました上野桜木で開催された川西町のイベント(山形かわにし豆の展示会)に、今回の作品を展示しました。