上野の森美術館

おやすみ

6月12日

「絵本原画展 いもとようこの世界」にたくさんの方がご来館くださいました。
ありがとうございます。
本日から休館になりまして、カフェ森の営業も6月14日(水)からです。
次回は「片岡鶴太郎展 〜鶴が上野に還ってきた〜」に合わせて営業いたします。

コーヒーをご注文いただくと、何かがついてきます。
お楽しみに!

クッキー

6月11日

早いもので本日が最終日の「絵本原画展いもとようこの世界」。
土日はちびっこたちも沢山ご来館くださってます。
館内も、ショップも、カフェも混んでてちびっこにはちょっと辛いかもしれませんね。
でも、午前中のカフェはあんがい、すいていることがあります。
ちょっと早いですが午前のお茶いかがでしょう。

イソップものがたり

6月3日

こどもの頃に読んだ絵本の記臆は、大人になると、きっかけがないとなかなか思い出すこと
はありません。開催中の「絵本原画展 いもとようこの世界」はその良いきっかけだと思います。
そのきっかけのきっかけ(?)になっているのが展覧会ショップ。
絵本作家の展覧会ならでは、いろいろなお話の絵本がた〜くさん揃っています。

たくさんのお話のなかから、今日は『イソップどうわ』をご紹介しましょう。
「ウサギとカメ」「アリとキリギリス」「金の斧、銀の斧」・・・。
タイトルをあげれば有名なお話ばかり。全部イソップ童話のおはなしです。
どんなおはなしだったか思い出してきましたか?

いもとようこ 文・絵の、『イソップどうわ』の絵本は、
見開きで1話ずつ完結するように創られて、1冊のなかに15話も収録されています。
そして、最後にこのお話で言いたいこと、つまり教訓までが書いてあるんです。
こどもにはストーリーを。大人たちには教訓を思い出させる。
すごい絵本ですね。びっくりします。
ご来館の際はぜひ手にとってみてくださいね。

展覧会は、〜6月11(日)まで。