上野の森美術館

第28回日本の自然を描く展 審査結果発表されました

2015.05.09

第28回日本の自然を描く展」審査会が行われ、受賞が決定しました。
今年の応募数は4,544点、そのうち、入選作品は2,772点となりました。
展示は平成27年7月4日(土)〜7月23日(木)に4期に分けて開催します。

上野の森美術館賞(課題部門)
木村博幸「お茶の水界隈」
上野の森美術館賞(自由部門)
斎藤敏美「街を泳ぐ」

上野の森美術館賞(課題部門):木村博幸「お茶の水界隈」
上野の森美術館賞(自由部門):斎藤敏美「街を泳ぐ」
文部科学大臣賞(課題部門):宮坂郁子「冬日」
文部科学大臣賞(自由部門):山本昌子「追憶-夏の夜-」
東京都知事賞(課題部門):土田 修「気になる家Ⅰ」
JR東日本賞(課題部門):渡邉照夫「刻の記憶」
JR東日本賞(自由部門):堀川和夫「八月のある日」
彫刻の森美術館賞(課題部門):町田笙子「遥か」
彫刻の森美術館賞(自由部門):山崎 恵「刻-2015・Ⅰ」
美ヶ原高原美術館賞(課題部門):松本香菜子「とおりみち」
美ヶ原高原美術館賞(自由部門):宮下佳代子「都わすれ」
フジテレビ賞(課題部門):佐藤昭雄「郷愁」
フジテレビ賞(自由部門):白井秀夫「バンクーバーの朝」
産経新聞社賞(課題部門):石川守一「いっぷく」
産経新聞社賞(自由部門):齋藤滋子「大雪の予感」
ニッポン放送賞(課題部門):長谷雄勝子「水辺のほとり」
ニッポン放送賞(自由部門):阿部慎太郎「硝子ティーカップとシュガーポットのある静物」
サンケイリビング新聞社賞(課題部門):伊東秀幸「誰もいないベンチ」
サンケイリビング新聞社賞(自由部門):金澤隆二「旅立ち」 

*公式ページでの作品発表はただいま準備中ですのでしばらくお待ちください。