上野の森美術館

明日をひらく絵画 第40回 上野の森美術館大賞展 The 40th Ueno Royal Museum Grand Prize Exhibition

絵画作品募集
作品(部分):八嶋洋平(第36回展 絵画大賞受賞)

最新情報

開催概要

主旨

上野の森美術館では、次代の美術界をになう、個性豊かな作家を顕彰助成する「上野の森美術館絵画大賞」を昭和58年に制定し、以来毎年作品の公募を行っています。

日本画・油絵・水彩・アクリル・版画などの素材の違いや、具象・抽象にかかわらず、既成の美術団体の枠を越え、21世紀にふさわしい清新な絵画作品を公募し、将来有望な作家の積極的な参加を期待します。

応募された作品は厳正な審査を行い、入選作品を選出します。 さらにその中から優秀な作品には賞を贈ります。また受賞作家には、作家活動奨励のため、上野の森美術館ギャラリーにおいて翌年に入賞者展、絵画大賞受賞者は翌々年に個展開催の機会を設けています。

展覧会概要

受賞及び入選作品は、上野の森美術館にて展覧いたします。

会期 2022年4月27日(水) ~ 5月8日(日) 予定
時間 10:00 〜 17:00 開館(入場は閉館30分前まで)
入場料 一般600円 大学生400円 高校生以下無料
ぐるっとパスが利用できます
*障害者手帳をお持ちの方と付添いの方1名は無料(要証明)
会場 上野の森美術館
主催 日本美術協会 上野の森美術館
彫刻の森美術館/フジサンケイグループ

※状況により、開館日や時間が変更になる可能性があります。

同時開催
第39回上野の森美術館大賞展 入賞者展

上野の森美術館ギャラリー
2022年4月27日(水) ~ 5月8日(日) 予定
尾﨑 晴、キムミンキョン、桑原志津恵、下田実來、林 信吾
第39回展の受賞者5名の新作を展示します。

同時開催
明日をひらく − 受賞作家の現在 ※延期開催

これまでの「上野の森美術館大賞展」受賞者より北村一二三、岡田修二、末永敏明、菅原健彦の4名の作家を取り上げ、新作を展示します。

審査委員

池田良二
2006年「現代の版画 写真の活用とイメージの変容」 東京国立近代美術館(東京)
2007年「第5回プラハ国際グラフィックトリエンナーレ展」 (プラハ、チェコ)
2015年「池田良二-静慮と精神の息吹」武蔵野美術大学美術館(東京)
現在武蔵野美術大学名誉教授
内田あぐり
2002年「第1回東山魁夷記念日経日本画大賞展」大賞 ニューオータニ美術館(東京)
2019年「内田あぐり-化身、あるいは残丘」武蔵野美術大学美術館(東京)
2020-2021年「内田あぐり VOICES いくつもの聲」原爆の図 丸木美術館(埼玉)
現在武蔵野美術大学名誉教授
オフィシャルサイト
O JUN
2013年「O JUN-描く児」府中市美術館(東京)
2016年「O JUN 展 まんまんちゃん、あん」国際芸術センター青森(青森)
2017年「O JUN×棚田康司『鬩(せめぐ)』」伊丹市立美術館(兵庫)
現在東京藝術大学名誉教授、多摩美術大学客員教授
大津英敏
1983年「第26回安井賞展」安井賞 西武美術館(東京)ほか
2006年「第28回損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞記念 大津英敏展」損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
2007年日本芸術院賞
現在日本芸術院会員、多摩美術大学名誉教授、独立美術協会会員
加藤良造
2004年「第2回東山魁夷記念日経日本画大賞展」ニューオータニ美術館(東京)
2013年「第40回記念創画展」創画会賞 東京都美術館(東京)ほか
2017年「日本画の逆襲」岐阜県美術館(岐阜)
現在多摩美術大学教授、創画会会員
齋藤芽生
2009年「アーティスト・ファイル2009-現代の作家たち」国立新美術館(東京)
2016年「平成28年秋の有隣荘特別公開 齋藤芽生-密愛村」大原美術館 有隣荘(岡山)
2019年「線の迷宮〈ラビリンス〉Ⅲ 齋藤芽生とフローラの神殿」目黒区美術館(東京)
現在東京藝術大学准教授
作家情報 (gallery ART UNLIMITEDサイト内)
湯山俊久
2009年「第85回記念 白日会展」内閣総理大臣賞
2010年「第42回日展」内閣総理大臣賞
2018年日本芸術院賞
現在日展理事
オフィシャルサイト
坂元暁美
上野の森美術館学芸課長

※敬称略

問い合わせ

上野の森美術館大賞展係
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2 上野の森美術館
Tel. 03-3833-4191 (受付10:00〜17:00) Fax. 03-3833-4193 Mail.