上野の森美術館

上野の森美術館所蔵作品展 なんでもない日ばんざい!

Menu

藤原 早苗 「ピクニック」  日本画 F100 2020年

概要

上野の森美術館所蔵作品展 なんでもない日ばんざい! /会場:上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
会期:2020年7月23日(木・祝)~ 8月30日(日)/休館:月曜日(ただし8月10日は開館)、8月11日(火)
時間:午前10時─午後5時(入場は閉館30分前まで)/主催:日本美術協会 上野の森美術館、フジテレビジョン
後援:フジサンケイグループ

当館では1983年からこれまで38回開催してきた上野の森美術館大賞展の受賞作品を多数所蔵しています。今回、このなかから 「なんでもない、どこにでもある日常」 をテーマに、いま、こういう時期だからこそ見てみたいと思う作品を約80点選びました。
 明るく楽しい気持ちにさせてくれるもの、おだやかな日常の情景、いつも変わらずそこにある街や自然、そして身近な人や風景からユニークな想像や思索を巡らせたものなどをグループにして構成しています。
会場には、同じく所蔵作品から、版画家・野田哲也が家族や日常の断片を日々記録した〈日記〉シリーズのうち約20点、そして秋山さやかが上野公園を題材に制作した作品を展示します。アーティストがごく身近な日常に向けた素朴で素直なまなざしのなかに、いまの私たちの心に響くたいせつなものを見出せるのではないでしょうか。

千葉 美香 「神秘」  油彩 F100 2017年

主な作品

千葉 美香 「神秘」  油彩 F100 2017年

水面に差し込む光が乱反射することによって生み出される効果をうまくとらえている。女性の体はほとんどが透き通った水中にあり、清涼感と浮遊感を繊細な光で表現した秀作。

春日佳歩 「惨くて、美味しくて、」  油彩 F100 2020年

欲に対する罪悪感や嫌悪感、同時に存在するあっけらかんとした爽快感を写真的な極端な三点透視法で描き、インパクトがある。孤独を感じさせる場面、それを鷲掴みにするような大胆なカットと冷静な描写力が強烈な印象をあたえている。

冨樫 昭裕 「FORM、小鳥がとぶ」  アクリル・水性ペイント S100 2000年

中央に大きく木のようなものが描かれ、周囲に動物たちや鳥たちが描かれる。素材や技法も様々で画面の上に布を縫い付けたり、ボタンや塗料を使ったり、自由な手法で伸びやかな画面を作り上げている。

藤原 早苗 「ピクニック」  日本画 F100 2020年

家族と出かけた楽しい時間を描いている。今までそこにいた人たちが立ち上がった後にできる凹んだ感じもそのままに、まだ賑やかな時間が続いているようだ。リズム感のある明るい色彩がウキウキさせてくれる。

井上 舞 「メカ盆栽〜流れるカタチ〜」  日本画 162.1×136.4㎝ 2016年

「機械の塊と盆栽が組み合わさったらどうなるか?という好奇心で制作した」という作品。盆栽という日本的なイメージの中に、機械という現代的なモチーフを組み合わせ従来の日本画にとらわれない自由な感覚がおもしろい。

石井 奏子 「水やりとねことぬりえ」  油彩 F100 2010年

「何気なく見た庭を描きとめたようとした」というこの作品は、そこにある物、植物、子供、猫、そして空気までもが、作家のまわりに流れる穏やかな時間そのもので、鑑賞者もその時間を共有しているような感覚になる。

渡邉 野子 「観察者-身体の遠近法」  油彩・アクリル S100 2006年

絵を描いている画家自身の身体をイメージした作品です。ただし、具体的な身体のイメージというよりは、制作中の画家と絵画のあいだで交わされるやりとりや動き、時間、空間を描こうとしたものです。ピンク、赤、黄色の暖かい色づかいや伸びやかな線などでそれらが表現されています。

呉 亜沙 「distance」 油彩 F100 2003年

感情や心情を空想上のモチーフに託して表現している。本作は作者自身のなかにある様々な「距離」を表現している。画面上の空想動物を、様々な配置に構成することで、それぞれの「距離」や個々の中にある複雑性を表現しようとしている。

前へ
次へ

石井 奏子 「水やりとねことぬりえ」  油彩 F100 2010年

[特集展示] 野田哲也 版画 <日記>シリーズ

前期:7月23日(木・祝)〜8月10日(月・祝)
後期:8月12日(水)〜8月30日(日) 

野田哲也《日記 1977年8月8日》和紙に木版、シルクスクリーン 1977年

本展の「なんでもない、どこにでもある日常」のテーマのもと、日本を代表する版画家の一人である野田哲也の〈日記〉シリーズを特集展示します。
身の回りの風景や家族を題材にした〈日記〉シリーズは、1968年から現在まで続く野田のライフワークであり、本展では当館が所蔵する1970〜80 年代の作品から約 40 点を前後期に分けて展示します。
 自身が撮った写真をもとに木版、シルクスクリーンなどで制作された作品には、家族の肖像、野菜や果物、買い物袋、ソファ、車窓からの眺めなど日々の生活や出来事を想像させるものが淡々と綴られます。
 作家自身の日常生活というきわめて私的な主題に徹しながら、それらは「なんでもない、どこにでもある」情景だけに、だれもが共有できる普遍性を持っているのかもしれません。

作家リスト

  • 青木 秀明 AOKI Hideaki
  • 青木 萌 AOKI Moe
  • 飯間 智美 IIMA Satomi
  • 池田 真弓 IKEDA Mayumi
  • 石井 奏子 ISHII Kanako
  • 石村 実 ISHIMURA Minoru
  • 出射 茂 IDEI Shigeru
  • 伊東 茂広 ITO Shigehiro
  • 井上 猛 INOUE Takeshi
  • 井上 舞 INOUE Mai
  • 今井 陽子 IMAI Yoko
  • 岩崎 奈美 IWASAKI Nami
  • 梅澤 千絵子 UMEZAWA Chieko
  • 生地 みのり OIJI Minori
  • 大内田 敬 OUCHIDA Kei
  • 大島 信人 OSHIMA Makoto
  • 大村 美玲 OMURA Mirei
  • 岡田 修二 OKADA Shuji
  • 興津 眞紀子 OKITSU Makiko
  • 柿沼 宏樹 KAKINUMA Hiroki
  • 風見 規文 KAZAMI Norifumi
  • 春日 佳歩 KASUGA Kaho
  • 樺山 祐和 KABAYAMA Sachikazu
  • 北折 整 KITAORI Sei
  • 呉 梨沙 KURE Risa
  • 呉 亜沙 GO Asa
  • 胡 日査 KO Nisa
  • 古賀 博之 KOGA Hiroyuki
  • 小島 徳朗 KOJIMA Tokurou
  • 小谷 里奈 KOTANI Rina
  • 近藤 大志 KONDO Daishi
  • 榊原 孔美子 SAKAKIBARA Kumiko
  • 坂口 竜太 SAKAGUCHI Ryuta
  • 櫻井 あすみ SAKURAI Asumi
  • 桜井 まど香 SAKURAI Madoka
  • 佐藤 弘光 SATO Hiromitsu
  • 佐藤 和栄 SATO Kazue
  • 佐藤 愛美 SATO Manami
  • 清水 航 SHIMIZU Koh
  • 菅澤 薫 SUGASAWA Kaoru
  • 菅原 健彦 SUGAWARA Takehiko
  • 關田 比佐子 SEKITA Hisako
  • 瀬島 匠 SEJIMA Takumi
  • 武内 明子 TAKEUCHI Akiko
  • 田村 綾野 TAMURA Ayano
  • 千葉 美香 CHIBA Mika
  • 張 媛媛 ZHANG Yuanyuan
  • 冨樫 昭裕 TOGASHI Akihiro
  • 中土居 正記 NAKADOI Masaki
  • 長友 紀子 NAGATOMO Noriko
  • 長濱 俊之 NAGAHAMA Toshiyuki
  • 中村 光夫 NAKAMURA Mitsuo
  • 成田 淑恵 NARITA Yoshie
  • 南波 久 NANBA Hisashi
  • 橋本 大輔 HASHIMOTO Daisuke
  • 原田 久万 HARADA Hisakazu
  • 福島 沙由美 FUKUSHIMA Sayumi
  • 藤井 由隆 FUJII Yoshitaka
  • 藤本 静宏 FUJIMOTO Shizuhiro
  • 藤原 早苗 FUJIWARA Sanae
  • 布袋 孝雄 HOTEI Takao
  • 牧野 晏長 MAKINO Yasunaga
  • 増田 直人 MASUDA Naondo
  • 松崎 十朗 MATSUZAKI Juro
  • 真鍋 修 MANABE Osamu
  • 眞鍋 享子 MANABE Kyoko
  • 向田 友美 MUKAIDA Yumi
  • むらこし なおこ MURAKOSHI Naoko
  • 室井 佳世 MUROI Kayo
  • 茂木 瑶 MOTEKI Tamana
  • 八嶋 洋平 YASHIMA Yohei
  • 藪下 育絵 YABUSHITA Ikue
  • 山口 由佳子 YAMAGUCHI Yukako
  • 山崎 光雄 YAMAZAKI Mitsuo
  • 山本 達郎 YAMAMOTO Tatsuro
  • 山脇 勇大 YAMAWAKI Yuta
  • 結城 康太朗 YUKI Kotaro
  • 行近 壯之助 YUKICHIKA Sonosuke
  • 横江 逸美 YOKOE Itsumi
  • 吉川 由希子 YOSHIKAWA Yukiko
  • 𠮷田 幸紘 YOSHIDA Yukihiro
  • 若見 優貴 WAKAMI Yuuki
  • 渡辺 薫 WATANABE Kaoru
  • 渡邊 小桃 WATANABE Komomo
  • 渡邉 野子 WATANABE Naoko
  • わたなべ みわこ WATANABE Miwako
  • 秋山 さやか AKIYAMA Sayaka
  • 野田 哲也 NODA Tetsuya

冨樫 昭裕 「FORM、小鳥がとぶ」  アクリル・水性ペイント S100 2000年

チケットについて

この展覧会は日時予約制です

①10:00〜10:59 ②11:00〜11:59 ③12:00〜12:59 ④13:00〜13:59 ⑤14:00〜14:59 ⑥15:00〜16:29

ご来館前にあらかじめ下記(e+(イープラス)、ファミリーマート店舗)で日時指定券を購入のうえ会場にお越しください。美術館内の混雑緩和のため、会期中は入場制限をさせていただきます。

※入替制ではございません。 ※指定時間内にご入場ください。

ネット環境をお持ちでない方へ

日時指定の予約なく当日直接お越しになる方は【当日窓口】でお越しいただいた時間帯の、空いている時間枠を照会いたします。日時指定予約をされた方が優先となりますので、ご入場までお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

入場料 : 一般1000円、大学生500円、高校生以下無料

※障がい者とその付き添いの方1名は無料、入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
※無料入場の方は日時予約の必要はありませんが、入場にお待ちいただく場合があります。

販売期間

①:2020年7月10日(金) 10時~ [ 7月23日(木・祝)〜8月10日(月・祝) の期間のチケットを販売します。]
②:2020年7月22日(水) 0時~ [ 8月12日(水)〜8月30日(日)まで の期間のチケットを販売します。]

販売場所

e+(イープラス)/QRチケット 【WEB販売】 https://eplus.jp/ueno-mori/
【コンビニ店頭販売】 ファミリーマート店内Famiポート
 ※店頭購入方法 https://www.family.co.jp/services/famiport.html
上野の森美術館窓口(開館日のみ)

ご来館にあたって