上野の森美術館

アートスクール

2020年夏季特別講座

PDF

今年の夏季特別講座は「昼間・夜間」の2部構成です。
※友の会会員、非会員に関わらずお申込みが可能です。
※「★初めての方優先講座」以外の講座は、友の会会員が優先です。友の会ご入会希望の方は、申込ページの通信欄へ「友の会入会希望」の旨ご入力ください。
※友の会につきましてはこちら
※当スクールの感染防止策につきましてはこちらをご確認ください

① 画面のしたにあるもの・・・かさねるプロセスが絵を作る
日程:8月12日(水)〜13日(木)10:30〜16:00 講師:藤田 邦統 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 14,000円(モデル料半日分込) アクリル 女性コスチューム
コラージュの技法を応用して、色面とかたちと空間を同時につくり出してみましょう。画面をうまく動かすことが可能になれば、画面はいきいきとした空間をつくり出していきます。作業のプロセスも重要な要素になっていることを体験できます。 ※初日午前のみモデルあり

《 持ち物 》
アクリル用具一式、マットメディウム、クロッキー帳、画用紙、ウエス(古布)、キャンバス(F4〜10号)

② 海景を描く水彩講座【夜間】★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月12日(水)〜13日(木)18:30〜21:00 講師:村山 之都 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 8,000円 透明水彩 モチーフ:写真
海の波の動きに注目し、特に船の水面への映り込みや影を効果的に描写していく講座です。筆の動かし方、ドライブラシ、ベースを作るウエット・イン・ウエットの基礎技法を解説しながら進めます。

《 持ち物 》
透明水彩用具一式、鉛筆(F〜HB)、水彩紙(4〜6号) ※絵の具のセルリアンブルー、ウルトラマリン(ライト、ディープどちらでも可)、バーントアンバーはお持ちください。それ以外はお持ちの色で結構です。海景写真はスクールで用意します。

③ 坂口流!本格派の下地術 ─半抽象・半具象用の下地作り─
日程:8月14日(金)10:30〜16:00 講師:坂口 竜太 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 8,500円(モデル料込) 油彩 アクリル 女性コスチューム
絵画制作する際になぜ下地が必要なのか、それを実体験できる講座です。下地が重要な意味を成してくる制作を試みるため、坂口流の下地を伝授します。下地というとなんとなくマチエールをつくりながら塗る人も多く見受けられますが、制作意図に沿った下地を施すことで、より本格的な絵画表現が可能となります。半抽象用、半具象用という、全く違った下地を2枚作り、それらの下地に合った人物画制作をします。2種類の絵を同時進行することで、ご自身に合った作風に出会うきっかけとなると思います。

《 持ち物 》
油彩用具一式(アクリル絵の具でもいいですが、油彩がお薦めです)、刷毛(幅5cm程度)、ペインティングナイフ、ゴムベラ(キッチン用で良い)、アクリル絵の具の茶系1色・青系1色・白色(チタニウムホワイト)、ウエス(古布)キャンバス15号程度

④ 基礎演習 ─色彩・構図の基本(初級)★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月15日(土)10:30〜16:00 講師:西村 冨彌 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 8,500円(モデル料込) 画材自由 女性コスチューム
初めて制作に取り組む受講生のための知っておきたい色彩(絵の具)・構図・構成・素材等、演習を中心として説明いたします。ただし、いま一度初心に戻って研究したい方もご参加をご期待いたします。

《 持ち物 》
油彩・水彩・アクリルなどのお好きな画材一式、キャンバス・水彩紙など(15号程度まで)、ウエス(古布)

⑤ 1日で出来る水彩モノタイプ版画
日程:8月15日(土)10:30〜16:00 講師:出射 茂 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 7,000円(画材代込) 水彩 版画
アクリル板に透明水彩で描き、それをプレス機で転写しモノタイプの版画に仕立てます。イメージで描く抽象性やモチーフをアレンジして描く、その内容は水彩の面白さがプレスによって定着出来、小作品ながら今後の絵画制作に繋がるイメージの源となるでしょう。あなたの絵作りに大いに寄与します。

《 持ち物 》
水彩用具一式、ウエス(古布)、※アクリル板、版画用紙を当日配布します(受講料に画材代500円が含まれます)。

⑥ セザンヌから学ぶ静物
日程:8月16日(日)10:30〜16:00 講師:遊馬 賢一 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 6,500円 画材自由 モチーフ:静物
はじめにセザンヌの静物画についてレクチャーを行います。「ものとものとの関係」をどうとらえ構図を決めるか?そのヒントを、セザンヌの絵画から学び、実践します。「たまたまそこにある」のではなく、「存在としての普遍性」を追求したセザンヌの考え方を知り、絵画表現に生かしましょう。

《 持ち物 》
油彩・アクリル・水彩・パステル・色鉛筆などの着彩用具一式、ウエス(古布)、キャンバス・水彩紙など6〜10号

⑦ 初めての日本画─花のスケッチ★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月16日(日)10:30〜16:00 講師:浦上 義昭 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 6,500円 モチーフ:花 顔彩
日本画は多くの技法がありますが、本講座は手軽な顔彩からはじめる初心者向けの日本画講座です。花を描写する際の鉛筆の用い方から、顔彩による彩色の注意点を丁寧に指導いたします。顔彩ならではの、優しい上品な風情をお楽しみください。絵を描くことがまったくの初めてという方歓迎いたします。

《 持ち物 》
顔彩18色セット、絵皿、布、筆洗器、鉛筆2本(2Hを2本)、練り消しゴム、水彩紙もしくはスケッチブック(F4〜8号)お持ちであれば日本画筆 ※日本画用筆の当日販売があります。

⑧ 動物画ポイントレッスン
日程:8月17日(月)10:30〜16:00 講師:真鍋 修 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 6,500円 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 鉛筆 モチーフ:写真
身近な動物を水彩などで描いてみましょう。本講座では、動物全体に共通する骨格の話から、動物を絵にするときのポイントを、講師が実演を交えながら解説します。猫、犬、ハムスター、うさぎなど、お好きな動物写真をお持ちください(2L版以上で紙焼きのもの)。その動物らしい生き生きとした表現を目指します。絵画初心者には道具の扱い方から、また普段から動物を描かれている方は、上手くいかない点などありましたらご相談ください。

《 持ち物 》
水彩用具一式(パステルや色鉛筆、アクリルなど、水彩以外も可)、画用紙、水彩紙など(サイズは自由、4〜6号が目安)、鉛筆(2H〜4B)、練り消しゴム、テッシュ(鉛筆、パステル、色鉛筆の方)、エスキース帳(小さめのもの)

⑨ 新しい抽象表現1 ─ポーリングメディウムを使って─
日程:8月18日(火)10:30〜16:00 講師:伊東 茂広 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 8,000円(画材代込) アクリル
新素材を取り入れて表現をアップデートしてみましょう。近年使われ始めたポーリングメディウム(水飴状たらし込み用メディウム)を背景に用いて制作します。今までの絵の具では表現が難しかったマーブリング(墨流し)がキャンバスの上で作れて、抽象表現には欠かせない色面の異次元化を容易にして表現の幅を広げることができます。今までにない空間と可能性がふくらむ講座です。

《 持ち物 》
アクリル用具一式、鉛筆、新聞紙、ウエス(古布)、キャンバス・水彩紙(F10〜15号 )  ※ポーリングメディウム
を当日配布いたします(受講料に画材代1,500円が含まれます)。

⑩ アクリルガッシュで作るリアルな風景画 ─描き出しから描写まで─
日程:8月18日(火)10:30〜16:00 講師:村山 之都 定員:15名 抽選日:7月29日(水)
受講料 6,900円(画材代込) アクリルガッシュ モチーフ:写真
風景写真をモチーフに、アクリルガッシュによる描画方法を解説します。メディウムの紹介や筆の使い方を含め、描き出しのシルエットの作り方から描き込みまでの工程を、デモンストレーションを交えながら、講師と一緒に制作していきます。比較的扱いやすい画材であるアクリルガッシュで絵画の基本的なプロセスを身につけましょう。このプロセスはそのまま油彩の描画テクニックとしても使えますし、もちろん風景以外のモチーフにも幅広く応用可能です。

《 持ち物 》
アクリルガッシュ12色セット、豚毛筆(フィルバート 12号、8号、6号、4号)、ナイロン筆(丸筆 2号)、ナイロン刷毛(幅5cm〜7cm程度のもの)、紙パレット、ウエス(古布)、鉛筆、消しゴム、油彩アクリル兼用キャンバスF4号 ※グラデーションメディウムを当日配布いたします。(受講料に画材代400円が含まれます)。

⑪ アキーラでガラス絵を描く─アキーラで目からウロコの体験を!★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月19日(水)10:30〜16:00 講師:大見 伸 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 7,500円(ガラス代込) アキーラ ガラス絵
アキーラの特性を活かしたガラス絵に挑戦してみましょう。アキーラは水溶性ですが、様々な素材に直接描くことのできる画材であり、また発色が良く、油絵の具よりも乾燥が早いので扱いも容易です。ガラス絵は一般的な絵画とは逆の手順で描くので、そこに面白さと発見があります。今回は、遊び心満載のコラージュも加えて、表現の幅を広げていきます。アキーラの説明もしますので、アキーラが初めての方も歓迎します。

《 持ち物 》
アキーラ用具一式、筆、ウエス(古布)、鉛筆(B程度)、練り消しゴム、スケッチブック(サムホールサイズ)
コラージュ用:色画用紙(金・銀も可)、包装紙、薄い布等、ボンド、はさみ※サムホールサイズのガラス板2枚を当日配布いたします(受講料に画材代1,000円が含まれます)。
【アキーラ絵の具・通常セットを販売します】
購入希望の方は、申込書にある〈アキーラセット購入 12 色・18 色 〉のご希望のセットに○をつけてください。
(税込価格 12 色セット 3,300 円 / 18 色セット 5,280円  ※価格は変更になる場合があります )

⑫ 基礎から学ぶ色鉛筆★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月20日(木)10:30〜16:00 講師:*大川 心平 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 6,800円(モチーフ代込) 色鉛筆 モチーフ:レモンなど
色鉛筆は身近な画材であり、気軽に使うことができるので独学で進められている方も多いようです。本講座で、基礎から学び直すことで色鉛筆画の可能性を広げていきましょう。筆圧・筆勢・混色などの色鉛筆の基本的な使い方から、ハッチング・点描・から押し・ぼかしなどの色鉛筆画に適した技法を、講師がデモンストレーションを交えてレクチャーしていきます。

《 持ち物 》
色鉛筆セット(12色以上)、B3画用紙2枚、プラスチック消しゴム、テッシュ、カッター、筆(10号程度のナイロンか豚毛のもの、エスキース帳※画用紙販売あり(B3サイズ1枚50円)。モチーフは当日お持ち帰りいただけます。

⑬ マチエールの魔術(ヘラとペインティングナイフ編)【夜間】
日程:8月20日(木)〜21日(金)18:30〜21:00 講師:坂口 竜太 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 8,000円 油彩 モチーフ:静物 ペインティングナイフ・ゴムベラ
油彩絵の具はその特質上、厚く盛り上げたり、削ったりとその塑像性により強固な絵肌を作ることができます。油彩は絵肌(マチエール)によって魔術的に表現の幅が広がる画材です。この講座は、ヘラとペインティングナイフに注目してマチエールをつけ制作を進めていきます。ヘラによる描画方法や、ペインティングナイフによる絵の具の盛り上げのタイミングなど、講師が実演を行った後に、静物モチーフを描きます。

《 持ち物 》
油彩用具一式、キャンバス(10〜15号)、ペインティングナイフ(大・中・小)、柄付きのゴムベラ(幅3〜5cm)、下地用として青系か茶系のアクリル絵の具1色、速乾性のメディウム、ウエス(古布)

⑭ 絵肌(マチエール)から考える鉛筆デッサン★ ★ 初めての方優先講座
日程:8月21日(金)10:30〜16:00 講師:*大川 心平 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 6,800円(モチーフ代込) 鉛筆 モチーフ:パプリカなど
鉛筆デッサンの完成度を向上させるためには、モチーフを正確に写し取るだけではなく、絵肌(マチエール)を工夫するという方法があります。(今回は、“ローラー”や“ベンジン”“マスキングテープ”を使用します。)普段、鉛筆デッサンにあまり使うことのない道具や技法を試しながら、絵作りの楽しさを深めましょう。

《 持ち物 》
鉛筆(2H、H、HB、B、2B、4Bを各1本)、B3画用紙2枚、ガーゼ、テッシュ、練り消しゴム、プラスチック消しゴム、擦筆、フィキサチーフ、カッター、刷毛、絵皿、エスキース帳 ※ローラー、ベンジン、マスキングテープはスクールで用意します。画用紙の販売あり(B3サイズ1枚50円)。モチーフは当日お持ち帰りいただけます。

⑮ 1日集中!クロッキーとっくん
日程:8月22日(土)10:30〜16:00 講師:古山 浩一 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 8,500円(モデル料込) 水彩 パステル 色鉛筆 万年筆 ペン 鉛筆 コンテ 女性ヌード
日本人は線表現に優れた国民性であるのに、実際は線を鍛える機会がほとんどありません。表現者は自分の線を手に入れなければいけません。線を鍛える最も有効な方法はクロッキーです。2分から10分で作品を完成することを繰り返すことで確実に実力がつきます。1日で50枚程度のクロッキーを描きます。

《 持ち物 》
水彩、万年筆、パステル、色鉛筆、コンテ、鉛筆(10B推奨)、ペンなど、画用紙やクロッキー帳50枚(6号以上)

⑯ 何もなくても絵は出来る ─頼れるのは自分の感覚─
日程:8月22日(土)10:30〜16:00 講師:布袋 孝雄 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 6,500円 水彩 不透明水彩(ガッシュ) アクリル アクリルガッシュ パステル 鉛筆 木炭
はじめに「地」と「図」の関係性を30分解説します。その後は作業に集中!考えるよりも画面に現れる形や色から、自分がどれだけ刺激を受けられるのかを体験していただきます。ただモチーフを見て写すだけの作業では、自分の感覚が眠っていることに気がつきません。自分なりの脳への刺激の方法を考え、常に覚醒した状態の感覚とはどういう感じなのかを演習します。

《 持ち物 》
水彩、ガッシュ、アクリル、アクリルガッシュ、パステル、木炭、鉛筆(2H〜6B)、ガーゼ、練り消しゴム、ウエス(古布)
水彩紙、画用紙、木炭紙、スケッチブックなど(サイズ6〜15号)、クロッキー帳

⑰ アキーラによる抽象入門講座 2 ─感情に踏み込む─
日程:8月23日(日)10:30〜16:00 講師:今井 陽子 定員:15名 抽選日:8月5日(水)
受講料 6,750円(画材代込) アキーラ
アキーラを使って抽象画を自由に描こう!という入門講座の第2弾(各回完結)です。前回は、凝り固まってしまった頭をほぐし、普段とは違った表現方法に驚きと喜びがあったように思います。今回も初めての方は「構えを取り払い自由に手を動かす」ことにチャレンジします。そして2度目の方は「感情に踏み込む」アプローチをしても良いですね。アキーラは水溶性でありながら、油絵の具に匹敵するマチエールの強さと発色の良さがあります。それを活かすため、あえて混色はせず、支持体に直接アキーラを出して塗り伸ばします。モチーフを見て描くことも、どう描くか考えてから描くということもしません。画面上で「絵の具がどう動くのだろう?」と、偶然性の自由度を体験していきます。アキーラの説明は最初に行います。

《 持ち物 》
アキーラ用具一式、ペインティングナイフ(できればプラスチック製のもの) 、シリコンのヘラ(安価なもので良い)、B5サイズのケント紙(スケッチブックタイプがお薦めです)、なるべく幅の広い(2 cm 以上)マスキングテープ、
ウエス(古布) ※4号弱キャンバス地を当日配布します(受講料に画材代250円が含まれます)。
【アキーラ絵の具・特注セット(今井先生セレクト色)を販売します】
購入希望の方は、申込書にある〈アキーラセット購入 12 色・18 色 〉のご希望のセットに○をつけてください。
(税込価格 12 色セット 3,300 円 / 18 色セット 5,280円  ※価格は変更になる場合があります )

お申込みを行う場合は、下記「注意事項」を最後までお読みいただき にチェックを入れて「申し込む」ボタンを押してください。

注意事項

◆授業について

受付時間 昼間10:00~ 夜間18:00〜 当館1階で受け付けをすませてください。
授業時間 昼間10:30~16:00 (昼休み1時間あり) 夜間18:30〜21:00
会  場 上野の森美術館 別館3階
※事務所対応時間、及び美術館入退館時間は、授業開始時間30 分前より、授業終了30 分後までです。

◆上野の森美術館 友の会特典 [優先申込]

お申込書に、友の会会員番号・友の会有効期限をご記入の上、抽選日までにお申込みいただくと、★印以外の講座は先着順で優先的に受け付けられます。(友の会入会金:3,000円 有効期限1年 詳細はお問い合わせください)

◆初めての方優先講座 [★印の講座]

当スクールの講座を初めて受講される方は最優先で受講できる講座です。

◆抽選日

希望者が定員数を超えた場合は、抽選を行います。(定員、抽選日は各講座に記載)。
抽選日以降に空席がある講座は先着順で受付けます。

◆お申し込み・お支払に関して

  • 申し込みを受理しましたら「お申込受付状況確認表」をFAX、E メールまたは郵便でお送りします。
  • 受講確定者には抽選日以降にコンビニエンスストア専用の受講料払込用紙をお送りします。なお、受講日までに時間の余裕がない場合はこの限りではありません。
  • クレジットカードでの支払いはできません。
  • 受講料は全て税込料金です。
  • 希望講座が満員の場合は、キャンセル待ちのご連絡をします。
  • お支払が遅れる場合、もしくは受講をキャンセルされる場合はお電話にてご連絡ください。

◆その他注意事項

  • 参加者が少数の場合、また自然災害等やむを得ない事情で開催中止となる場合がございます。
  • 一度お支払いただいた受講料は返金いたしませんので予めご了承ください。ただし、自然災害等やむを得ない事情で講座が中止になった場合は返金します。
  • 受講は申込者本人に限ります。尚、18歳未満の方のお申し込みには、保護者の同意が必要です。
  • 欠席された分の振り替え受講はできません。
  • モデル使用の授業の際、モデルのポーズ中は入退室できません。休憩時間までお待ちください。
  • モデルを写真撮影する事はできません。携帯電話なども写真機能があるものが多いためアトリエ内では使用禁止です。アトリエ外でのご使用をお願いします。
  • 道具や作品は各講座最終日にお持ち帰りください。複数講座を受講している場合も保管ができません。
  • 貴重品はご自身で管理してください。当スクールでは盗難、紛失、破損に対して一切の責任を負いません。
  • 新型コロナウイルス感染防止策についてはこちらをご覧ください。