上野の森美術館

アートスクール

2020年春季特別講座

PDF

「注目の新進若手作家が教える特選2講座」「ホルベイン画材エキスパート直々の画溶液講座」「目からウロコのガラス絵講座」「風景画のプロによる風景画講座」など、今年も多彩な講座を揃えました。新しく絵を描き始めようと考えている方、今までとは違う切り口から絵画を掘り下げようとしている方にオススメのラインナップです。

※講座1・2・4は会員、非会員に関わらず受講が可能です。
※講座3・5は友の会会員優先の講座です。

講座期間:2020年3月25日(水)、26日(木)、27日(金)、29日(日)、30日(月)、31日(火)
授業時間:10:30〜16:00

1.構図から考える鉛筆デッサン
日程:3月25日(水) 講師:大川 心平 定員:20名 抽選日:3月6日(金)
受講料 6,500円 鉛筆
デッサンは絵画制作の助けになるだけでなく、工夫次第で本作品となるような可能性を秘めています。この講座では対象の捉え方だけでなく、描き始める前の構図を学ぶことで絵画的なデッサンを目指します。
構図・道具の解説から、講師によるエスキース、描き出しのデモンストレーションを交えて進めていきます。

《 持ち物 》
鉛筆(2H、H、HB、B、2B、4Bを各1本ずつ)、ガーゼ、テッシュ、練り消しゴム、プラスティック消しゴム、擦筆、
カッター、エスキース帳(小さくて良い。普段使っているものを用意)

2.シュルレアリスム体験
日程:3月26日(木) 講師:大川 心平 定員:20名 抽選日:3月6日(金)
受講料 6,500円 アクリル
シュルレアリスムって…今さら聞けない、知らない、むずかしい…これを体感して制作につなげよう。二十世紀の最も重要な美術運動の一つであるシュルレアリスム(超現実主義)、それは抽象絵画の入り口でもあり美術史のなかでも押さえるべき部分です。「無意識」の部分に答えを求めた、マックス・エルンストなどの初期のシュルレアリストを参考に、オートマティスム(自動記述)の技法を体験して、実制作への活用を目指します。講師がデモンストレーションを行い、実際にどのように制作に取り入れているかという解説もします。

《 持ち物 》
アクリル用具一式、F6号キャンバス、鉛筆(HB〜2B)、練り消しゴム、エスキース帳(普段使っているもの)

3.ホルベイン ワークショップ“油絵の具の基本から画溶液まで”【友の会優先】
日程:3月27日(金) 講師:ホルベイン画材エキスパート 定員:26名 抽選日:3月6日(金)
受講料 4,500円(持ち帰り画溶液100ml代込) 油彩 画溶液
油彩の基本、油絵の具と画溶液の基本を知って、実際に試す、そして画溶液を調合するワークショップです。油彩画の画溶液の基本は、揮発性油(溶剤)、乾性油(固着剤)、ワニスの3種。午前中は、これら多種に及ぶ画溶液について、基本的な使い方と自分でできる調合の方法を紹介します。午後からは、その特性を生かしたワークショップを。その後、3種類の画溶液から1つを選び、実際に調合して作っていきます。ホルベインは、この調合溶き油の基本形ともいえるペインティングオイルを日本で初めて商品化し、油彩画の制作をより手軽なものにしました。画溶液を調合する「あぶLABO」というサービスを行っていますが、今回は特別に出張「あぶLABO」ワークショップを行います。

《 持ち物 》
筆記用具、エプロン

4.アキーラでガラス絵を描く─アキーラで目からウロコの体験を!─
日程:3月29日〜30日(日・月) 講師:大見 伸 定員:20名 抽選日:3月6日(金)
受講料 14,000円(板ガラス代1,000円を含む) アキーラ
アキーラの特性を活かしたガラス絵に挑戦してみましょう。アキーラは水溶性ですが、様々な素材に直接描くことのできる画材であり、また発色が良く、油絵の具よりも乾燥が早いので扱いも容易です。ガラス絵は一般的な絵画とは逆の手順で描くので、そこに面白さと発見があります。今回は、遊び心満載のコラージュも加えて、表現の幅を広げていきます。アキーラの説明もしますので、アキーラ初めての方も歓迎します。

《 持ち物 》
アキーラ用具一式、筆、ウエス(古布)、鉛筆(B程度)、練り消しゴム、スケッチブック(SMサイズ)
コラージュ用:色画用紙(100円均一で売っているもので良い/金・銀も可)、包装紙、薄い布等、ボンド、はさみ
※当日、ガラス板2枚を配布します。

5.ステップアップ風景【友の会優先】
日程:3月30日〜31日(月・火) 講師:遊馬 賢一 定員:20名 抽選日:3月6日(金)
受講料 13,000円 画材自由 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆
日本の自然を描く展などで、入選から上の段階に行きたい方へのステップアップ講座です。今回は風景画を取り上げます。今までの作品を一点持参いただき、どうすればより良くなるのか、自分の欠点と長所を知り、これから取り組もうとする風景作品にどう活かすことができるのかをレクチャーします。

《 持ち物 》
ご自分の作品1点、取り組みたい作品の資料(写真やスケッチ)、使用したい画材、ウエス(古布)

お申込みを行う場合は、下記「注意事項」を最後までお読みいただき にチェックを入れて「申し込む」ボタンを押してください。

注意事項

授業について

受付時間 10:00~ 当館1階警備カウンターにて受け付けをすませてください。
授業時間 10:30~16:00 ※昼休み1時間あり。
事務所対応時間、及び美術館入退館時間は、授業開始時間30 分前より、授業終了30 分後までです。

お申込み・お支払に関して

  • 友の会会員、非会員に関わらずお申込みが可能です。(講座3、5のみ友の会会員優先)
  • 申込用紙の受講希望講座番号に○を付けて、FAX、郵送、またはホームページよりお申し込みください。
  • 申し込みを受理しましたら「お申込受付状況確認表」をFAX、E メールまたは郵便でお送りします。
  • 希望者が定員数を超えた場合は抽選を行います(抽選日2020年3月6日)
  • 受講確定者には抽選日以降にコンビニエンスストア専用の受講料払込用紙をお送りします。
  • なお、受講日までに時間の余裕がない場合はこの限りではありません。・抽選日以降に空席がある講座は先着順で受け付けます。
  • クレジットカードでの支払いは出来ません。
  • 受講料は全て税込料金です。
  • 希望講座が満員の場合は、キャンセル待ちのご連絡をします。
  • お支払が遅れる場合、もしくは受講をキャンセルされる場合はお電話にてご連絡ください。

その他注意事項

  • 一度お支払いただいた受講料は返金いたしませんので予めご了承ください。ただし、自然災害等やむを得ない 事情で講座が中止になった場合は返金します。
  • 受講は申込者本人に限ります。
  • 欠席された分の振り替え受講は出来ません。
  • 参加者が少数の際は、開催を取りやめる場合があります。
  • 18歳未満は保護者の同意が必要です。
  • 道具や作品は各講座最終日にお持ち帰りください。複数講座を受講している場合も保管ができません。