上野の森美術館

アートスクール

2019年夏季特別講座

PDF

今年の夏季特別講座は「昼間・夜間」の2部構成。
「アトリエ開放DAY」も開講します。
※友の会会員、非会員に関わらずお申込みが可能です。(「夏のアトリエ開放DAY」のみ通常講座生限定)
※「★初めての方優先講座」以外の講座は、友の会会員が優先です。友の会ご入会希望の方は、申込ページの通信欄へ「友の会入会希望」の旨ご入力ください。
※友の会につきましてはこちら

1.地と図~イメージを自由に動かす~
日程:8月12日(月) 10:30〜16:00 講師:布袋 孝雄 定員:20名 抽選日:7月26日(金)
受講料 6,000円 油彩 水彩 アクリル パステル 鉛筆 木炭
「何もなくても絵は描ける」の基になる自分の感覚を刺激する方法を探るための講座です。まず「地」と「図」の関係性を解説した上で、画面「0」からの出発→最初はラフなドローイング→それを絵画にしていくにはどうすれば良いのかということを積み上げます。イメージを自由に動かす感覚を獲得する講座。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩、パステル、鉛筆、木炭などの自分の好きな画材用具一式、描画具に合わせた支持体8~12号(キャンバス、水彩紙、画用紙、木炭紙など)、メモ・試作・デッサンのための鉛筆3H~3B、木炭、ガーゼ、練り消しゴム、クロッキー帳6~8号

2.おとなの月1水彩講座(花と色彩のリズム) ※※【夜間】
日程:8月12日(月)〜13日(火)18:30〜21:00 講師:*村山 之都 定員:20名 抽選日:7月26日(金)
受講料 7,200円 水彩 モチーフ:花
バラを中心とした複数の花をモチーフに描きます。テーマは「色彩の構成と形のリズム」。花の持つ鮮やかな色彩や特徴的な形、さらにはその変化に着目します。水彩絵具の流動感と偶然性、即興性を生かしながら、軽快な画面作りを目指す講座です。

《 持ち物 》
水彩用具一式・水彩紙(6号)、鉛筆(HB程度)、消しゴム、カッター、ティッシュペーパー
※水彩紙販売あり(6号400円)
※※2019年前期単発講座の「おとなの月1水彩講座」3講座をすでにお申込みの方優先となります。

3.初めての日本画 ★ 初めての方優先講座
日程:8月14日(水)〜15日(木)10:30〜16:00 講師:*浦上 義昭 定員:20名 抽選日:7月26日(金)
受講料 12,000円 日本画 モチーフ:花
日本画を始めたい人のための、顔彩を用いた写生の注意点や本画の紙の貼り方、地塗りやドーサのやり方、下図の写し方、水干絵具や箔の貼り方などの各種技法を丁寧かつ論理的にわかりやすく指導します。まったく初めてという方歓迎いたします。

《 持ち物 》
岩絵具、筆、刷毛、絵皿、雑布等の日本画着彩道具一式(膠はスクールで用意します)、パネル(4~10号)、麻紙(用意したパネルより一回り大きいサイズ){※初めての方は顔彩18色セット並びに水干24色セット、鉛筆2本(2H)、練り消しゴム、スケッチブック(F8号)}
*お薦めの日本画用筆は当日販売します。

4.色鉛筆でリアルに描く静物画【夜間】 ★ 初めての方優先講座
日程:8月14日(水)〜16日(金)18:30〜21:00 講師:真鍋 修 定員:20名 抽選日:7月26日(金)
受講料 10,800円 色鉛筆 モチーフ:静物
身近な彩色画材である色鉛筆ですが、今回は色鉛筆でのリアルな表現を追求していく講座です。モチーフの質感に迫るための色鉛筆の扱い方から表現方法まで、丁寧にレクチャーいたします。

《 持ち物 》
色鉛筆36色以上(セットでなくても可。油性、水性は問いません)、画用紙、ガーゼ、さっ筆、練り消しゴム、鉛筆(2B)、カッター、鉛筆削り、スケッチブック(F8~10号)

5.自己表現を確立するための試み〜自分発見の初歩〜
日程:8月16日(金)〜17日(土)10:30〜16:00 講師:伊東 茂広 定員:20名 抽選日:8月2日(金)
受講料 12,000円 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆
自分の表したいテーマをどのような形で独自に表現していくかを、一人ひとりそれぞれに考えながら、公募展やコンクールにも出品できるような自身のオリジナル作品の確立を目指していきます。具象、抽象という枠組みではなく、―私は何を表現するのか―という絵画の本質を追求する講座です。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩など各自の制作道具一式、クロッキー帳、10〜20号程度のキャンバスや水彩紙など ※自身のテーマに沿った写真・資料などを持参してください。

6.初めての石膏デッサン ★ 初めての方優先講座
日程:8月17日(土)〜18日(日)10:30〜16:00 講師:遊馬 賢一 定員:20名 抽選日:8月2日(金)
受講料 12,000円 鉛筆 木炭 デッサン
カタチの見方と捉え方、調子の考え方は、絵画の基本です。白い石膏像に生まれる陰影を捉え、立体感を描き出すことを習得します。まず、木炭や鉛筆の使い方から始め、カタチの描き出し方、明暗の調子をどう表現するかへと移行していきます。ある程度経験のある方は、更なるステップアップを目指します。

《 持ち物 》
木炭デッサン:木炭、ガーゼ、練り消しゴム、木炭紙
鉛筆デッサン:2H〜4B程度の鉛筆、練り消しゴム、画用紙(木炭紙大)、カッター

7.私達の時代のコンテンポラリーアート【具象・抽象】
日程:8月18日(日)10:30〜16:00 講師:西村 冨彌 定員:18名 抽選日:8月2日(金)
受講料 8,000円(モデル料込) 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 女性ヌード
あなたにとっての「新しい絵画」を共に考えていく講座です。
絵画制作の核心は自由に描くことにあります。感性のままに描く場合もあれば、習得した技術力を駆使して描くこともあります。本来の自分自身の長所を知ることによって、新しい絵画が具象的傾向なのか、または抽象性への興味なのか、再認識するための演習です。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩、パステル、色鉛筆などの制作用具一式
8〜10号程度のキャンバスや画用紙など

8.クロッキーとっくん2日間
日程:8月20日(火)〜21日(水)10:30〜16:00 講師:古山 浩一 定員:18名 抽選日:8月2日(金)
受講料 16,000円(モデル料込) 水彩 パステル 色鉛筆 鉛筆 クロッキー 女性ヌード
絵画とは色彩、形、線による表現です。通常のモデル実習などで色彩と形は勉強できますが、線の訓練を独立して行う機会はほとんどありません。その中で、クロッキーこそが線を鍛える最も有効な手段です。
2日間で集中的にモデルクロッキーを行い、線の質とレベルを圧倒的に向上させます。

《 持ち物 》
水彩、パステル、色鉛筆などの着彩用具一式、
万年筆、ペン、インク、10Bの鉛筆、カッター、6〜8号程度のクロッキー帳やスケッチブック

9.自分の視点を持った街 スケッチ入門【夜間】 ★ 初めての方優先講座
日程:8月20日(火)18:30〜21:00 講師:古山 浩一 定員:20名 抽選日:8月2日(金)
受講料 3,600円 水彩 色鉛筆 万年筆 鉛筆 モチーフ:写真
街をモチーフにした作品をつくる上で、「何をクローズアップするか?」に焦点を合わせた実践的なスケッチ講座です。まず、街並み、人物群像、建物のディティールなど、それぞれの興味によって何を選択するかをレクチャーします。その上で、こちらで用意したファイルから写真を選び、鉛筆、水彩、色鉛筆、万年筆などお好きな画材でスケッチ。スケッチに適した色付き水彩紙を2枚用意します。(紙代別途1枚160円)

《 持ち物 》
鉛筆、水彩、色鉛筆、万年筆など、各自の制作に必要な道具一式

10.ステイニングとインパスト(にじみと厚塗り)【夜間】
日程:8月23日(金)〜24日(土)18:30〜21:00 講師:今井 陽子 定員:20名 抽選日:8月2日(金)
受講料 7,200円 アクリル アキーラ
「ステイニング」は、〈にじみ〉や〈しみ込み〉という意味の美術用語です。(イメージとして先生の作品をご参照ください。今井陽子先生ホームページhttps://yoko-i.com)
地塗りをしていない綿キャンバスを水で濡らし、ゆるく溶いた絵の具をにじませて画面全体の雰囲気づくりをします。乾いた後、硬めの絵の具で描画、またにじみのニュアンスを重ねていく・・・。物の形にとらわれ過ぎることなく、色と絵肌を楽しみます。両極端のマチエール(絵肌)を使うことにより、豊かな表現が可能になります。(F15号キャンバス+木枠代別途2,300円)

《 持ち物 》
アクリル、アクリルガッシュ、アキーラの、いずれかの制作用具一式、軟毛の刷毛、霧吹き、ペインティングナイフ、スキージー(お持ちであれば)、ガンタッカー(お持ちであれば)

11.出射の水彩キソの基礎2~透明水彩で描く人物画~【夜間】 ★ 初めての方優先講座
日程:8月23日(金)〜24日(土)18:30〜21:00 講師:出射 茂 定員:18名 抽選日:8月2日(金)
受講料 9,200円(モデル料込) 水彩 女性コスチューム
透明水彩の濃淡を重要な基本テクニックとし、にじみ、ぼかしも取り入れつつ活き活きとした表情の人物像描写を目指します。絵画ならではのデフォルメもありです。
※透明水彩をお勧めいたしますが、その他の水彩絵具も使用可能です。

《 持ち物 》
水彩用具一式、水彩紙(6~10号)

12.キャンバスの上の光の扱い方と立体感について
日程:8月25日(日)10:30〜16:00 講師:西村 冨彌 定員:18名 抽選日:8月9日(金)
受講料 8,000円(モデル料込) 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 女性ヌード
キャンバスは本来、平面で二次元の世界です。しかし光の表情を的確に描写することによって、構成・立体感が生まれます。その技法とは何か?どのようにするのか?初心の心得のように見えて実は奥義の手法でもある〈光の描写〉の演習です。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩、パステル、色鉛筆などの制作用具一式
8〜10号程度のキャンバスや画用紙など

13.効果的な道具の選び方・使い方【風景画編】 ★ 初めての方優先講座
日程:8月25日(日)10:30〜16:00 講師:大見 伸 定員:20名 抽選日:8月9日(金)
受講料 6,000円 油彩 アクリル モチーフ:写真
制作目的に適した道具選びと使い方は、自身が求める絵を描くためにも重要です。風景画における、ペインティングナイフを中心とした筆・刷毛・オイルなどの用具の選び方から使い方を、プロのテクニックを参考に体験します。なお、描くモチーフによって効果的な方法は違ってきますので、「⑭ 人物画編」と合わせて受講されることをお勧めいたします。

《 持ち物 》
油彩(アクリルも可)道具一式、キャンバスFまたはP6~10号、鉛筆、木炭、ガーゼ、練り消しゴム、
風景の写真やスケッチなど
※刷毛(3cm幅程度)と、できるだけ大きいペインティングナイフをご持参ください。これからペインティングナイフを購入される場合は、ホルベイン製の6〜10㌢のものをお勧めいたします。

14.効果的な道具の選び方・使い方【人物画編】【夜間】 ★ 初めての方優先講座
日程:8月25日(日)18:30〜21:00 講師:大見 伸 定員:18名 抽選日:8月9日(金)
受講料 4,600円(モデル料込) 油彩 アクリル 女性ヌード
制作目的に適した道具選びと使い方は、自身が求める絵を描くためにも重要です。人物画における、ペインティングナイフを中心とした筆・刷毛・オイルなどの用具の選び方から使い方を、プロのテクニックを参考に体験します。なお、描くモチーフによって効果的な方法は違ってきますので、「⑬ 風景画編」と合わせて受講されることをお勧めいたします。

《 持ち物 》
油彩(アクリルも可)道具一式、キャンバスFまたはP6~10号、鉛筆、木炭、ガーゼ、練り消しゴム、
風景の写真やスケッチなど
※刷毛(3cm幅程度)と、できるだけ大きいペインティングナイフをご持参ください。これからペインティングナイフを購入される場合は、ホルベイン製の6〜10㌢のものをお勧めいたします。

15.写真から描く抽象表現【夜間】
日程:8月30日(金)〜31日(土)18:30〜21:00 講師:坂口 竜太 定員:20名 抽選日:8月9日(金)
受講料 7,200円 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 モチーフ:写真
複数枚の写真を組み合わせて、抽象的表現(半具象的表現)の絵画を制作します。その際の構成のやり方、考え方など、自由な発想をいかに引き出すかということを学びます。完全な抽象というよりは、具象的な部分を残した絵画制作です。0からの発想ではなく写真を基にしますので、抽象画に挑戦してみたい方にもお勧めです。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩、パステル、色鉛筆など、各自の制作道具一式。キャンバス、水彩紙、画用紙(10〜20号まで)、モチーフとする写真複数枚

16.日本画1日トレーニング「銀箔を使った描画」
日程:8月31日(土)10:30〜16:00 講師:真鍋 修 定員:20名 抽選日:8月9日(金)
受講料 6,500円(麻紙代込) 日本画 銀箔
日本画でよく使われる銀箔ですが、これを使ってどのような画面作りが可能か、実例を示しつつ皆で新しい表現を試みる授業です。基本的な箔の貼り方とその後どのような加工の仕方があるか、などが学べます。モチーフは動物や風景などの写真を使用(スクールで用意)します。

《 持ち物 》
日本画画材一式、銀箔(115mm角以上、20枚)、あかし紙(20枚)、絵皿2枚、刷毛、筆、カッター、雑巾、ティッシュペーパー、古い歯ブラシやたわし ※高知麻紙(サムホールサイズ2枚、F3号1枚)を当日支給します。※ドーサ、膠はスクールでご用意します。

夏のアトリエ開放DAY【スクール通常講座生限定】
日程:8月27日(火)・8月28日(水)・8月29日(木)10:30〜16:00 講師:なし 定員:15名 先着順に受付
受講料 1日2,500円 画材自由
上野の森アートスクール通常講座生限定で、アトリエをご使用いただける「アトリエ開放DAY」です。スクールに置いてある大作の制作を進めたい、秋の公募展に向けて集中して制作したい、家でははかどらない...という方、是非アトリエ開放をご利用ください。日数は1日〜3日間から選べます。 8月27日(火)・28日(水)・29日(木)の中から好きな日を選び、お申込みください。
講師の指導はありません。 道具・画材はお持ちいただき、各自で用意・片づけをお願いします。

《 持ち物 》
各自の必要画材一式。 作品サイズはS100号まで。 ※日本画の場合は膠等もご自身でご用意ください。※画材、作品をアートスクール宛てに送付する場合は、前もってスクールまでご連絡ください。

お申込みを行う場合は、下記「注意事項」を最後までお読みいただき にチェックを入れて「申し込む」ボタンを押してください。

注意事項

講座スケジュール表

授業について

受付時間 昼間10:00~ 夜間18:00〜 当館1階で受付をすませてください。
授業時間 昼間10:30~16:00 (昼休み1時間あり) 夜間18:30〜21:00
会  場 上野の森美術館 別館3階
※事務所対応時間、及び美術館入退館時間は、授業開始時間30 分前より、授業終了30 分後までです。

上野の森美術館 友の会特典 [優先申込]

お申込み時に、友の会会員番号・友の会有効期限をご入力の上、抽選日までにお申込みいただくと、★以外の講座は先着順で優先的に受付けられます。(友の会入会金:3,000円 有効期限1年 詳細はお問い合わせください)

初めての方優先講座 [★マークの講座]

当スクールの講座を初めて受講される方は最優先で受講できる講座です。

抽選日

希望者が定員数を超えた場合は、抽選を行います。(定員、抽選日は各講座に記載)。
抽選日以降に空席がある講座は先着順で受付けます。

お申込み・お支払に関して

  • 友の会会員、非会員に関わらずお申込みが可能です。(「夏のアトリエ開放DAY」のみ通常講座生限定)
  • このホームページからのお申込みのほか、講座要項の申込書からもFAX、郵送にてお申し込みが可能です。※要項は本ページPDFにてダウンロード可能。
  • 申し込みを受理しましたら「お申込受付状況確認表」をFAX、E メールまたは郵便でお送りします。
  • 受講確定者には抽選日以降にコンビニエンスストア専用の受講料払込用紙をお送りします。
  • なお、受講日までに時間の余裕がない場合はこの限りではありません。
  • クレジットカードでの支払いはできません。
  • 受講料は全て税込料金です。
  • 希望講座が満員の場合は、キャンセル待ちのご連絡をします。
  • お支払が遅れる場合、もしくは受講をキャンセルされる場合はお電話にてご連絡ください。

その他注意事項

  • 一度お支払いただいた受講料は返金いたしませんので予めご了承ください。ただし、自然災害等やむを得ない事情で講座が中止になった場合は返金します。
  • 受講は申込者本人に限ります。尚、18歳未満の方のお申込みには、保護者の同意が必要です。
  • 欠席された分の振り替え受講はできません。
  • 参加者が少数の際は、開催を取りやめる場合があります。
  • モデル使用の授業の際、モデルのポーズ中は入退室できません。休憩時間までお待ちください。
  • モデルを写真撮影する事はできません。携帯電話なども写真機能があるものが多いためアトリエ内では使用禁止です。アトリエ外でのご使用をお願いします。
  • 道具や作品は各講座最終日にお持ち帰りください。複数講座を受講している場合も保管ができません。
  • 貴重品はご自身で管理してください。当スクールでは盗難、紛失、破損に対して一切の責任を負いません。