上野の森美術館

アートスクール

2019年ゴールデンウィーク特別講座

PDF

募集開始:3月18日より(友の会会員へ送付する申込書、もしくは本ページより要申込)

講座日時:
1回目:4月29日(月)10:30~16:00
2回目:4月30日(火)10:30~16:00
3回目:5月 2日(木)10:30~16:00
全3日間
●開講日にご注意ください。
●先着20名(定員になり次第受付終了)

フェルメールの 『牛乳を注ぐ女』『真珠の耳飾りの少女』 を模写する
日程:4月29日、30日、5月2日 講師:小尾 修 定員:20名 先着順
受講料 23,000円(下地を施したキャンバス料金込) 油彩
新たな時代を迎える今年のゴールデンウィークはスペシャル企画です。現在活躍中の作家であり、講師としても人気を博す小尾 修先生を客員講師に迎えます。

講座内容:17世紀オランダ絵画は、油絵具の持つ固有の魅力を最も有効に使いこなした時代の絵画と言えます。
彼らは筆あとが残る不透明な絵具の可塑性と、その反対に透明感の強い絵具を幾層にも重ねるグレーズの効果とを巧みに組み合わせることによって底光りするような深い色彩と光を表現しました。
その中でもフェルメールはその豊かな色彩と光、そして抽象画を思わせるような独特の構成力により、同時代の画家達の中でも際立った存在感を持つ画家です。

今回は彼の代表的な作品「牛乳を注ぐ女」、「真珠の耳飾りの少女」の模写を通してその作品の魅力を探ります。
絵筆を通して素材から作品を追体験することで、さらにフェルメール作品を見る見方の幅が広がることでしょう。

※本講座では下地を施したキャンバスをスクールで用意します(キャンバス代が受講料に含まれます)。
※『牛乳を注ぐ女』、もしくは『真珠の耳飾りの少女』のいずれかの模写になります。申込時に、ご希望の作品名を必ずご入力ください。

《 持ち物 》
油彩道具一式。鉛筆(2H〜Fなど。転写用として)、メモ用紙、4〜10号程度のフィルバート、丸筆を豚毛・軟毛取り混ぜて10本程度、細部の描画に適した面相筆(コリンスキーの1〜2号程度が2本あれば)など
詳細は初日の授業時にも説明します。

現在満員のためキャンセル待ちのご案内となります

お申込みを行う場合は、下記「注意事項」を最後までお読みいただき にチェックを入れて「申し込む」ボタンを押してください。

注意事項

3/18(月)より募集開始、先着順で確定いたします。

授業について

  • 受付時間 10:00~ 当館1階事務室にて受付をすませてください。
  • 授業時間 10:30~16:00 ※昼休み1時間あり。
  • 事務所対応時間、及び美術館入退館時間は、授業開始時間30 分前より、授業終了30 分後までです。

お申込み・お支払に関して

  • 友の会会員、非会員に関わらずお申込みが可能です。
  • 要項申込用紙にてFAXか郵送、もしくはホームページ該当講座ページよりお申し込みください。
  • 申し込みを受理しましたら「お申込受付状況確認表」をFAX、E メールまたは郵送でお送りします。
  • 受講確定者には受講料払込用紙(コンビニエンスストア専用)をお送りします。なお、お申し込みから受講日までに時間の余裕がない場合はこの限りではありません。
  • 定員に達した場合は、キャンセル待ちのご連絡をします。
  • クレジットカードでの支払いは出来ません。
  • 受講料は税込料金です。
  • お支払が遅れる場合、もしくは受講をキャンセルされる場合はお電話にてご連絡ください。

その他注意事項

  • 一度お支払いただいた受講料は返金いたしませんので予めご了承ください。ただし、自然災害等やむを得ない事情で講座が中止になった場合は返金します。
  • 受講は申込者本人に限ります。
  • 欠席された分の振り替え受講は出来ません。
  • 参加者が少数の際は、開催を取りやめる場合があります。
  • 18歳未満は保護者の同意が必要です。
  • 道具や作品は各講座最終日にお持ち帰りください。複数講座を受講している場合も保管ができません。