上野の森美術館

アートスクール

2018年夏季特別講座

PDF

開講期間:2018/8/12〜8/29
募集期間:2018/6/25〜 
今年の夏季特別講座は「基礎・演習・特別」の三部構成。
新しく、「アトリエ開放」と「夜間講座」も。

1. 【特別】超写実 ! 自分の限界描写にチャレンジ ! ★ 初めての方優先講座
日程:8月12日〜13日(日・月)[昼] 講師:山田 啓貴 定員:20名 抽選日:7月27日(金)
受講料 12,000円 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 鉛筆 モチーフ:静物
細密描写に特化した講座です。全体感の大切さを説くがゆえに「木を見て森を見ずでは絵にならない」とよく言われます。しかし本当にそうでしょうか?細部だけを描いていくと何が起きるのか! どこまで描くことができるのかを求め、各自のペースで集中して描き込みます。

《 持ち物 》
画材は自由。ただし水彩だけで描き込むことは難しいため、アクリル絵の具、鉛筆などの併用を推奨します。どの画材でもチタニウムホワイト必須、細部を描き込める筆(コリンスキー毛など)、モチーフの細部を観るための虫眼鏡。
支持体のサイズは自由。紙の場合は極細目(ボタニカルアートペーパー)推奨、キャンバスは充分に余白がとれるサイズを。(例:モチーフがタバコのパッケージ大の場合はF6号程度)
思い入れのあるモチーフですと集中力も高まりますので、モチーフ持参をおすすめします。

2.【演習】抽象への助走~分解と統合の3か条〜
日程:8月13日〜14日(月・火)[昼] 講師:出射 茂 定員:18名 抽選日:7月27日(金)
受講料 16,000円(モデル料込) 油彩 水彩 アクリル 女性コスチューム
抽象表現の道しるべとして存在する絵は、どのようなものがあるでしょうか。初めに具象的なものを色面化する「分解の仕方」をいくつかご紹介します。その基本から応用までを各人に演習、実践してもらい、分解と統合の法則を探ります。

《 持ち物 》
油彩・水彩・アクリルのいずれかの着彩道具一式、キャンバス・パネル・水彩紙など(F8~12号)、鉛筆、クロッキー帳(6号前後)

3.【基礎】出射の水彩・キソの基礎 ※夜間講座 ★ 初めての方優先講座
日程:8月13日〜14日(月・火)【夜】 講師:出射 茂 定員:20名 抽選日:7月27日(金)
受講料 7,200円 水彩 モチーフ:花
静物モチーフ(花と器物)で水彩絵の具の一番のキソを演習します。正しい形や正しくて面白くない描き方ではない「表現の基礎」、水彩特有の「美しさの基礎」を見据えた実習です。1日2時間半で1枚、2日で2枚描き、その進展を考えます。

《 持ち物 》
水彩用具一式、水彩紙(F6~10号)

4.【演習】日本画講座〜古典に学ぶ美人画の表現〜
日程:8月15日〜16日(水・木)[昼] 講師:真鍋 修 定員:16名 抽選日:7月27日(金)
受講料 14,000円(モデル料込) 日本画 女性コスチューム
和装の女性をモデルにして、日本画の古典的な美人画の描法を参考にしながら描く試みです。墨をベースに細かな表現を使って、人物の表情や、昔の日本画にある空間表現を試みます。

《 持ち物 》
岩絵具、絵皿等の日本画着彩道具一式(膠はスクールで用意します)、色鉛筆24色程度(素描用)、墨、すずり、面相筆(小・中)、先のきく丸筆{例:彩色5~6号、かすみ(大)、削用(大)}、平筆、刷毛。パネル( P6〜10号、できれば雲肌麻紙で水張り済みのもの)、鉛筆(2H~4B)、クロッキー帳(F4〜6号)、練り消しゴム、ガーゼ
※下地用絵の具はスクールで用意します(当日400円程度集金)。
※雲肌麻紙の販売あり(800〜1,500円)。

5.【演習】シュルレアリスムと私〜ダリやマグリットから〜
日程:8月15日~16日(水・木)[昼] 講師:伊東 茂広 定員:20名 抽選日:7月27日(金)
受講料 12,000円 油彩 水彩 アクリル
現実にはありえない情景を描き鑑賞者に不思議な感覚を与える「シュルレアリスム」は、どのような発想から生まれるのでしょうか?初めにランダムに置かれたモチーフの中から直感で選び、自画像や自分にゆかりのある人物・風景写真などと組み合わせストーリー性のある空想エスキースをします。そこからイメージをふくらませ、ダリやマグリットをヒントに発想の転換を試み、各人の新しい具象画の一つの方向性を探っていきましょう。

《 持ち物 》
油彩、水彩、アクリルなどの着彩道具一式、キャンバス、または水彩紙(F8〜15号程度)、鉛筆、クロッキー帳、自分に関係している人物や風景の写真など

6.【演習】具象絵画の中に抽象を取り入れる
日程:8月17日〜18日(金・土)[昼] 講師:西村 冨彌 定員:18名 抽選日:8月3日(金)
受講料 16,000円(モデル料込) 油彩 水彩 アクリル パステル 色鉛筆 女性ヌード
写実的絵画、具象絵画の本義とは?その手法として、抽象性を取り入れます。色彩と構成のオリジナリティやデフォルメの作り方を学び、現代具象絵画の制作の入り口を発見する演習です。

《 持ち物 》
油彩、水彩、アクリル、パステル、色鉛筆などの着彩道具一式。キャンバス(~F20号):これまでに制作した作品1点と新しいキャンバスをお持ちください。

7.【基礎】初めての日本画 ★ 初めての方優先講座
日程:8月18日~20日(土・日・月)[昼] 講師:浦上 義昭 定員:20名 抽選日:8月3日(金)
受講料 18,000円 日本画
日本画が初めての方のための写生法(鉛筆・顔彩の用い方)から始め、10号程度までの小品を制作します。用具の用い方から、水干絵具、岩絵具、水張りの仕方など、具体的技術を丁寧に指導します。経験者には、50号までの下図や制作のコツ、展覧会出品等、各自の希望に合わせ指導します。

《 持ち物 》
岩絵具、筆、刷毛、絵皿、雑布等の日本画着彩道具一式(膠はスクールで用意します)、パネルと麻紙、もしくは麻紙ボールド(大きさ自由){※初めての方は顔彩18色セット並びに水干24色セット、鉛筆(2H)、練り消しゴム、スケッチブック(F8号)}*お薦めの日本画用筆は当日販売します。

8.【特別】鮮やかな色彩を楽しむ『ガラス絵入門』 ★ 初めての方優先講座
日程:8月19日~20日(日・月)[昼] 講師:大見 伸 定員:20名 抽選日:8月3日(金)
受講料 12,000円 油彩 ガラス絵
板ガラスの片面に絵を描き、反対側の面より鑑賞するガラス絵を制作します。ガラス絵は、絵の具が変色しにくく埃も付きません。また、絵画の表面がフラットになるため、絵の具の鮮やかさがより映える技法です。ガラス越しの鮮やかな色彩を楽しみましょう。
事前に用意した自作品を元に、サムホールサイズにリサイズ、水彩・パステル・アクリル等でエスキースを描きます。それをコピー機で反転させ、油彩で同サイズのガラス板に制作していきます。油彩未経験者もOK。基本色12色セットで描けます。初日に描き方のコツをレクチャーをしますので経験がなくとも安心です。

《 持ち物 》
油彩用具一式(筆は小〜中サイズ)、エスキース用に水彩、パステル、アクリルなどの着彩道具、サムホールサイズのスケッチブックか画用紙。鉛筆(2B〜4B)、練り消しゴム、作品にするための自作品、写真、資料などを2点分
※サムホールサイズのガラス板(一人2枚)はこちらでご用意、販売します(2枚で1,000円)。

9.【演習】セザンヌ、ピサロから学ぶ風景
日程:8月21日〜22日(火・水)[昼] 講師:遊馬 賢一 定員:20名 抽選日:8月3日(金)
受講料 12,000円 油彩 水彩 アクリル
風景画の巨匠、セザンヌやピサロの模写を通じて風景画を学ぶ講座です。
ピサロを敬愛していたセザンヌはよく一緒に出かけ、スケッチをしています。同じ風景を描いてもその表現は違っています。それぞれの絵を比較、検証し、自分の感覚にあった風景を模写します。構図から色彩やタッチなど、表現技術を模写から学びとることができます。

《 持ち物 》
油彩、アクリル、水彩のいずれかの着彩道具一式、キャンバス、または水彩紙(F8号程度)

10.【演習】クロッキーとっくん2日間
日程:8月21日〜22日(火・水)[昼] 講師:古山 浩一 定員:18名 抽選日:8月3日(金)
受講料 16,000円(モデル料込) クロッキー 女性ヌード
モデルの固定ポーズを利用して「面をとらえる」ことを勉強する機会は多々ありますが、“線”を鍛える場がなかなかありません。本講座は、ヌードモデルを5分、10分、2分で繰り返しクロッキーし、2日間で70枚以上、徹底的に線で描きます。自分だけの“線”を見つけられる講座です。

《 持ち物 》
鉛筆(10B)、万年筆、ペン、インク、割りばしペン、水彩・パステル・色鉛筆など。
6号以上の画用紙かクロッキー帳、※万年筆セット(3,000円)、画用紙の販売あり。

11.【基礎】三原色で、のびのびデッサン体験 ★ 初めての方優先講座
日程:8月23日(木)[昼] 講師:今井 陽子 定員:20名 抽選日:8月10日(金)
受講料 6,000円 色鉛筆 デッサン モチーフ:静物
初心者の方は、初めに鉛筆などで「モノクロのデッサン」をやりがちですが、真っ白な画面に真っ黒な鉛筆でいきなり描く手法は、なかなか勇気のいることではないでしょうか。この講座では、色鉛筆の黄色を使って描き始めます。黄色は画面上ではあまり目立たず、間違いを気にせず描き進めることが可能です。絵はモチーフだけを見て描くのではなく、背景も含めた画面全体のバランスが大切です。最初に色鉛筆の黄色で背景もモチーフもすべて一緒に、のびのびと描いてみましょう。この全体から進めるコツを始めに学んだ方が、将来の作品作りに役立ちます。三原色でデッサンすることで、デッサンから本制作への自然な移行を目的とした講座です。

《 持ち物 》
鉛筆(2B、4B)、練り消しゴム、プラスチック消しゴム、色鉛筆※お勧めはサクラ・クーピーペンシルの赤・黄・青色で、消しゴムで消せます(文具店などでばら売りしています)。水彩紙や画用紙(F6、B3程度)。

12.【基礎】木炭マスター!〜テクニックとトーン〜 ★ 初めての方優先講座
日程:8月23日〜24日(木・金)[昼] 講師:坂口 竜太 定員:20名 抽選日:8月10日(金)
受講料 12,000円 木炭 デッサン モチーフ:静物
木炭は本来美しい階調(トーン)を生むものなのですが、間違った使い方をして素材の良さを生かせてない方が大変多いです。熟練者の方でも木炭のデッサンは苦手…なんて方も見受けられます。この講座では、始めに木炭のテクニック「こする」技法に注目。木炭の良さを十分に発揮させるためには「こするタイミング」と「こすり方」が重要です。初心者の方にもわかりやすくお伝えします。そして、次に重要なのが「トーン」。色や明るさの濃淡の段階数をトーンと言いますが、それを会得するにはモチーフが作り出している「光と影」を理解すること。2日間かけてじっくりモチーフを観察し木炭の奥深さを味わう、描写力はもちろん、表現力向上にも役立ちます。

《 持ち物 》
木炭(ヤナギ)、練り消しゴム、柔らかいガーゼ、さっ筆、食パン、新聞紙、定規(30cm以上)
※木炭紙の販売あり(320円)。

13.【基礎】ゼロからの油絵攻略 ※夜間講座 ★ 初めての方優先講座
日程:8月24日~26日(金・土・日)【夜】 講師:村山 之都 定員:20名 抽選日:8月10日(金)
受講料 10,800円 油彩 モチーフ:静物
「油絵を始めたいけれど、どこから手をつけていいか分からない」「長年油絵を描いてきたけれど、初心にかえって学んでみたい」そんな方のための油絵攻略講座です。道具の選び方や使い方、描き出しから仕上げまで、手順を追いながら実演を交えつつ解説。簡単なモチーフでじっくりと進めていく夜間3日間です。
攻略1日目 : 道具について&エスキースとスムーズな描き出し
       ①三角構図で作る画面
       ②大きな面積に注目する
攻略2日目 : 描写の手掛かりには明暗がキモ
       ①主役の色を助けるグレー
       ②明暗と色彩の関係
攻略3日目 : 描き込みのポイント
       ①コントラストという考え方
       ②小さな面積に注目する

《 持ち物 》
油絵の具(12色のセットでOK)、筆(豚毛のフィルバート16号、8号、4号、ナイロンの丸筆4号、豚毛の刷毛2号)、F10号キャンバス、紙パレット6号サイズ、ペインティングナイフ、テレピン(筆さばきをよくするために使用するオイル)、直径10cmくらいの皿2枚(テレピンを入れるのに使用)、筆洗油、筆洗器(筆洗油の入れ物、蓋付きで持ち運びできるもの)、ティッシュペーパー1箱、鉛筆(HB~2B程度)、クロッキー帳(6号程度)

14.【特別】万年筆で描く小品作り♪キャンベルスープの巻 ★ 初めての方優先講座
日程:8月25日~26日(土・日)[昼] 講師:古山 浩一 定員:20名 抽選日:8月10日(金)
受講料 12,000円 水彩 色鉛筆 万年筆 モチーフ:キャンベルスープの缶
キャンベルスープの缶+αをモチーフに、万年筆でかわいらしい小品を作りましょう。万年筆で描く前に、しっかり下地作りをすることが特徴の本講座。下地は「スタンプ技法」、その上に薄い和紙を貼ります。万年筆独特の線描と和紙の風合いが響きあい、小さくとも見応えのある作品が出来上がります。万年筆は、初心者の方でも始めやすい手軽な画材です。万年筆での描き方のコツや着彩の仕方、最終的に作品としてまとめる方法を伝授します。

《 持ち物 》
万年筆、インク(油性)、鉛筆(4B程度)、水彩、色鉛筆等。F6号キャンバス1枚。
※下地材、和紙はスクールで用意します(当日200円集金)。
※万年筆セット(ふでDEまんねん1,000円、コンバーター500円、カーボンインク1,500円)の販売あり。

15. アトリエ開放DAY『スクール通常講座生限定!!』【先着順にて受付】
日程:8月28日~29日(火・水)[昼] 講師:なし 定員:15名 先着順
受講料 5,000円 油彩 水彩 透明水彩 不透明水彩(ガッシュ) アクリル アクリルガッシュ パステル 日本画 色鉛筆 万年筆 鉛筆 木炭 その他、何でもOK
上野の森アートスクール通常講座生限定で2日間、アトリエをご使用いただける「アトリエ開放DAY」です。スクールに置いてある大作の制作を進めたい、秋の公募展に向けて集中して制作したい、家でははかどらない...という方、是非アトリエ開放をご利用ください。
講師の指導はありません。道具・画材はお持ちいただき、各自で用意・片づけをお願いします。

《 持ち物 》
各自の必要画材一式。作品サイズはS100号まで。※日本画の場合は膠等もご自身でご用意ください。※画材、作品をアートスクール宛てに送付する場合は、前もってスクールまでご連絡ください。

お申込みを行う場合は、下記「注意事項」を最後までお読みいただき にチェックを入れて「申し込む」ボタンを押してください。

注意事項

授業について

受付時間 10:00 ~ 当館1 階事務室にて受付をすませてください。
授業時間 昼間 10:30 ~ 16:00 ※昼休み1 時間あり。
夜間 18:30〜21:00
※事務所対応時間、及び美術館入退館時間は、授業開始30 分前より、授業終了30 分後までです。

入会金・受講料

入会金は不要です。
各講座により受講料が異なります。各講座ページをご確認ください。
※受講料は全て税込みです。

上野の森美術館 友の会特典 [優先申込]

友の会会員の方はお申込時に、友の会番号・友の会期限をご記入の上、抽選日までにお申し込みいただくと、★印以外の講座は先着順で優先的に受け付けられます。(友の会入会金:3,000 円 有効期限1 年 )友の会入会をご希望の場合は、お手数ですがお問い合わせください。友の会会費は受講料と共にご請求しますので別途お申し込みの必要はありません。

初めての方優先の特別講座

当スクールの講座を初めて受講される方は最優先で受講確定されます。

抽選日

希望者が定員数を超えた場合は抽選を行います。抽選日以降に空席がある講座は先着順で受け付けます。

お申込み・お支払い

  • 申し込みを受理しましたら「お申込受付状況確認表」をFAX、E メールまたは郵便でお送りします。
  • 受講確定者には抽選日以降にコンビニエンスストア専用の受講料払込用紙をお送りします。なお、受講日までに時間の余裕がない場合はこの限りではありません。
  • クレジットカードでの支払いは出来ません。
  • 希望講座が満員の場合は、キャンセル待ちのご連絡をします。
  • お支払が遅れる場合、もしくは受講をキャンセルされる場合はお電話にてご連絡ください。

注意事項

  • 一度お支払いただいた受講料は返金いたしませんので予めご了承ください。ただし、自然災害等やむを得ない事情で講座が中止になった場合は返金します。
  • 欠席された分の振り替え受講は出来ません。
  • 参加者が少数の際は、開催を取りやめる場合があります。
  • モデル使用の授業の際、モデルのポーズ中は入退室できません。休憩時間までお待ちください。
  • モデルを写真撮影する事はできません。携帯電話なども写真機能があるものが多いためアトリエ内では使用禁止です。アトリエ外でのご使用をお願いします。
  • 道具や作品は各講座最終日にお持ち帰りください。複数講座を受講している場合も保管ができません。
  • 受講は申込者本人に限ります。
  • 18歳未満の方は、お申込みの際に保護者の同意が必要となります。