上野の森美術館

アートスクール

2017年ゴールデンウィーク特別講座 受講生募集中です☆

4月22日

ゴールデンウィーク間近!
上野恩賜公園の緑も青々としてお散歩が心地良い今日この頃です。
気候の良いこの時期に絵を描いてリフレッシュしませんか?

2017年ゴールデンウィーク特別講座 受講生募集中

「 色彩のもつ言葉(イメージを伝える)」
講師:伊東 茂広
日時:4月29日(土)〜 4月30日(日)<2日間>  10:30〜16:00(1時間休憩あり)

絵を描く時に色の“役割”(効果)を考えたことはありますか?
画面上に配置した色よって絵画が与えるイメージは大きく変わります。
この講座は、無彩色(白黒)に近いモチーフを見て、イメージした季節や言葉に合った色彩を選び描いていきます。
「色の持つ言葉」を感じながら自分自身の絵画言語を作り上げて行く講座です。
自分でも気が付かなかった「自分の色」を発見出来る事でしょう。

伊東先生指導風景


以前行われた伊東先生の講座、講評風景

「GW.に人体研究」
人体の特訓と基礎 A “ムービングクロッキー”
講師:山田 啓貴
日時:5月3日(水)<1日>  10:30〜16:00(1時間休憩あり)

人体の特訓と基礎 B “クロッキーとデッサン”
講師:山田 啓貴
日時:5月4日(木)〜 5日(金)<2日間> 10:30〜16:00(1時間休憩あり)

人体の描写練習は、絵画の基礎を習得する上でとても有効です。
また、人体を捉える際には、決められた時間の中で何を見て、何を捨てて描き切れば良いかという判断力も必要となってきます。よって今回は授業内容を、
(A)ムービングクロッキー 1日講座
(B)短時間のポーズ(クロッキー)→ 長時間(固定)のポーズ(デッサン) 2日間講座
とし、人体描写のポイントを捉える演習を行います。

*「クロッキー」とはモデルさんが動いている状態(=ムービング)や、短時間で固定しているポーズを早描きすることで、要点のみを捉えて端的に表現、描写することを指します。
*「デッサン」とは、広い意味がありますが、この講座では対象を忠実に描くことを基本とし、追求と発見を繰り返して観察力を養うことを指します。

※「G.Wに人体研究」は、(A)と(B)に日程を分けて開講します。自由に選択受講が可能です。両日程を受講されたい場合は、(A)(B)どちらもお申込みください。

以前行われた山田先生のデッサン講座、講評風景


以前行われた山田先生のデッサン講座、講評風景

難しそう…と思われるかもしれませんが、コツを講師が伝授しますので
絵画初心者の方にもオススメの講座です。
お席は先着順ですのでお早めにお申し込みください。
詳しい授業内容は、講座ページをご確認ください。